宮城県の樹氷は神秘的

冬を楽しめるおすすめの国内旅行先といえば、宮城県の蔵王町です。こちらでは、冬になると樹氷を見ることができます。これは針葉樹林のアオモリトドマツが過冷却水滴で凍ってしまい幻想的な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。まるでモンスターが立ち並んでいるかのような見た目をしているので圧巻と言えます。これはスノーパークで確認できる現象なので検討してみましょう。ここはスキーやスノーボードを楽しめる場所でもあります。スノースポーツを楽しむついでにスノーモンスターも見る事ができるのが特徴です。広大な樹氷原は圧巻で大パノラマを見る事ができるのが魅力と言えます。樹氷の育成には氷点下10度以下の環境が必須なので日本でも樹氷を見れる場所は限られていると言えるでしょう。

 

大内宿で伝統的な建造物を楽しめる

大内宿は福島県にある観光地で、下野街道の宿場町として整備されています。寄棟造りの建物が立ち並ぶ場所で道路と直角に整備されているのが特徴です。ここは約400年以上も前の江戸時代に運搬路として使われていた場所で旅人の宿としても重宝されました。当時の状態がそのまま残っている場所で江戸時代にタイムスリップしたかのような経験ができるのが魅力です。大内宿は昭和56年に全国で3番目の国が指定する重要伝統的建造物群保存地区に指定されている価値のある場所としても知られています。グルメも楽しめる場所で名物のねぎそばを食べられるのが特徴です。これは豪快に盛られたネギが魅力のそばで、ネギを箸として使用してそばを食べられます。また名物の栃餅も用意されているので小腹が空いたときにもおすすめです。