実は春がおすすめの千葉県マザー牧場

マザー牧場はどの季節に旅行に行っても楽しむことができます。ただあえて一番良い時期はと聞かれたら、個人的には春だと答えます。理由は4月から6月あたりに行くと、子羊が見られるからです。母羊と一緒に放牧されていて、お乳をねだっている姿はたまらなく愛らしいです。また施設内にある写真館では羊に触れられるのはもちろん、一緒に写真を撮ることが可能です。そしてグルメを楽しむことができるというのも、春にマザー牧場に行くと良い点です。マザー牧場内にはビニールハウスがあるのですが、そこにはフルーツトマトやイチゴが育てられています。どちらも自分で収穫してお土産にすることができるのです。それからポピーや菜の花といった花が敷地にたくさん咲いているのを見られるのも、春のマザー牧場の醍醐味です。

 

まだまだある春に行きたい観光地

宮城県と山形県にも春ならではの観光地があります。蔵王エコーラインと呼ばれる、両県をつなぐ山岳道路なのですが、温暖な地域に住んでいる人ではなかなかお目にかかれない光景があるのです。冬場は積雪のため通行止になっているのですが、4月の下旬あたりになると開通します。ただし雪がまだ残っているため、それらが道路の両脇にうず高く積まれているのです。まさに雪の壁で、その間をぬって車で走るというのは、ここだけでしか味わえない体験です。それから富山県にある富山湾でも、春に行くと面白い体験ができます。3月から6月にかけては、産卵のためにホタルイカがやって来ます。ホタルイカの幻想的な光を鑑賞するだけでも良いですし、自由に取ることもできるのです。